タグ:Sweets ( 12 ) タグの人気記事
2007年 08月 13日
長崎カステラアイス
a0006641_0251026.jpg




















a0006641_0263912.jpg


[PR]
by iku-2002 | 2007-08-13 00:29 | Gourmet | Comments(4)
2007年 05月 28日
最近はまりつつあるお菓子
a0006641_1424640.jpg

 最近はまってる「グラハムクラッカー」。
 普通クラッカーだと、酒のつまみになるぐらい(何か上に乗せたりとか)しょっぱいのが多いけど、このクラッカーは塩分が少なめ、それに甘みも抑えてあり、全粒粉が混ざってるせいか、すごく香ばしい。
 ちょっとおなかがすいちゃうと、つい間食でバリバリ食べてしまう・・・、いかん。

[PR]
by iku-2002 | 2007-05-28 01:43 | Gourmet | Comments(0)
2006年 12月 27日
ガンプラポッキー
a0006641_22521545.jpg グリコ ガンプラWithポッキー。
 これはMen'sポッキーつきのノーマルザク


a0006641_22522994.jpg 中身はこんな感じ。ポッキーは普通のパッケージがそのまま入ってる(もう食べた)。



a0006641_2252543.jpg サイズは1/144だけど、一番最初の型じゃなくて最新の(?)リアルな金型。未塗装。接着剤は使わずに組み立てられるそう。



a0006641_2253766.jpg こっちは極細ポッキー付のガンダム。 シャア専用ザクは売り切れてた。


a0006641_22532165.jpg ザクもガンダムも、「ぐー」の形の手のパーツがついていて、ポッキーをビームサーベルのように持たせることができるらしい(笑



めんどくさいので組み立てずに終わり。

[PR]
by iku-2002 | 2006-12-27 23:02 | Gourmet | Comments(2)
2006年 12月 27日
メガプリン
a0006641_142555.jpg 普通のグリコプッチンプリン(小)三連タイプ

a0006641_1422564.jpg グリコとろとろとろ~りクリームonプリン(大)




a0006641_1423752.jpg どん!

a0006641_1424983.jpg どーん!

グリコ、ハッピーぷっちんプリン クリスマスパッケージ。
容量400g!(ノーマルの小は78gぐらい)、クリーム(大)が220g。 カロリーは100gあたり142Kcal、なんで1個で568Kcal。

 全裸で布団の上に横になって、鍛え上げられた大胸筋の上にこいつをプッチン♪、なんてしたらマニアにはたまりませんね!! 


a0006641_1434775.jpg ぷっちん♪

a0006641_144162.jpg ぶにゅう。お、重さで勝手に横からはみ出ちゃうぅぅ・・・

a0006641_1441944.jpg ばゆ~~ん

[PR]
by iku-2002 | 2006-12-27 01:35 | Gourmet | Comments(2)
2005年 01月 19日
ボウル・プリン (その3:大)
ボウル・プリン その1 ・ その2:小

 こんばんわ、料理研究界のパットン戦車軍団、小木木力ツ代です。 ケソタロウはホモじゃありませんからね! さてボウル・プリンシリーズ第3弾「ニューギニア密林 謎の洞窟に巨大プリンを見た!」です。おっそろしいなあ。

a0006641_238716.jpg 冷蔵庫から出したところ。一見イイ感じです。竹串を刺しても中が固まっていました。 30cmクラスのうちで一番大きい皿をかぶせて、投げっぱなしジャーマンばりに、気合いを入れてひっくり返します。


a0006641_23103097.jpg どぉーん!

a0006641_2311483.jpg どぉーん!! 意外と皿からはみ出さずにきれいに収まりました。 高さ4cmぐらい?


a0006641_23123870.jpgガイア「シンクロ♪」
オルテガ「シンクロ♪」
マッシュ「シンクロ♪」

 モビルスーツ界の樽ドル、ドムのみなさんでした。


a0006641_23142932.jpg 中もうまく固まりました。 味はまあ、前回とたいして変わりませんが、前のは鍋底の余り部分が多かったので、前より多少粉っぽさが減ったかも?

 以上、小木木力ツ代のおいしいプリンの作り方でした。 残ったプリンはケソタロウちゃんがプリン風呂で遊ぶそうです。 では股来週!

[PR]
by iku-2002 | 2005-01-19 23:18 | Gourmet | Comments(6)
2005年 01月 18日
ボウル・プリン(小)
 みなさん、こんばんわ。 料理研究会のグラーフ・ツェッペリン、小木木力ツ代です。せがれのケソタロウはゲイじゃありませんからね! さて昨日の「ボウル・プリン (その1)」の続きで、追加分というか余り分の小さい方のボウル・プリンの様子を見てみました。 冷蔵庫で十分冷やしてあります。

a0006641_024123.jpg 計ってみたら小さいといえど、直径20cmで大きいのと5cmしか変わりませんでした。 形は一般的な調理用のステンレス?のボウルです。 竹串で刺して中も固まっていることを確認します。 表面は若干泡が残ってしまいました。 前回書き忘れましたが、プリンの素と牛乳以外に、追加でバニラエッセンスを少々混ぜております。


a0006641_052791.jpg 付属のカラメルソースの粉を1袋につき水おおさじ1で溶きます。 カラメル、というより、くず餅とかの黒蜜みたいでした。 もちろんフライパンで砂糖を焦がして自分でカラメルを作るとなおよろしいでしょう。 力ツ代です。


a0006641_071218.jpg ボウルに皿を乗せ、エイヤッとひっくりかえし、カラメルソースをかけます。 裾野は力ツ代に負けないくらいの巨乳です。でも自重でつぶれるので高さがまだまだね。 写真では大きさがわかりづらいので、比較のためにグフを並べてみました。

ランバ・ラル:「ザクとは違うのだよ!ザクとは!」

ラルさんありがとうございました。


a0006641_0132414.jpg 一応、中まで固まっています。 鍋底で焦がして張り付いていた成分が、はがれて、プリン型の底に沈んで、ひっくり返したので上に浮かんできてしまい見た目が汚い・・・。ああ力ツ代大失敗・・・。
 ちょっと食べてみましたが、市販のプッチンプリンみたいなのと比べて、やはりやや粉っぽい感じ、それと甘みが強いような気がします。 果たしてすべて食べきれるのか、大きい25cmクラスはどうなっているのか、とても心配な力ツ代でした。 ケソタロウはホモじゃありません。 続く(たぶん)

[PR]
by iku-2002 | 2005-01-18 00:19 | Gourmet | Comments(7)
2005年 01月 17日
ボウル・プリン
 みなさん、こんばんは、ご無沙汰しております。 料理研究界のナンシー久美こと小木木力ツ代です。
 今日はとっても簡単、お子様もうちの息子のケソタロウも大喜び、ビッグなプリンです。 ちなみにせがれのケソタロウですけど、ホモの噂があるようですけど決してホモじゃありませんからね!
 本来であれば、「これが出来たらノーベル化学賞、夢のバケツプリン」に挑戦したいところですが、清潔なバケツが無いこと、冷蔵庫にそれを入れるスペースが無いことから、泣く泣くボウル・プリンの作り方を説明致します。力ツ代です。

 用意する材料・道具はこれだけ、そして作り方もとても簡単ですよ。
・ ハウス 「牛乳で作る プリンエル」 5箱
・ 牛乳 2リットル (無理に母乳は使わないでくださいね)
・ 2リットルが余裕で入る大鍋とプリン型(ボウル)
・ プリンの素5箱をレジに通す勇気

 ではさっそく作りましょう。
a0006641_2301040.jpg プリンの素5箱です。メーカーや種類はお好みで。使用する牛乳や水の量が違うので裏面をよく読んでくださいね。 箱を空けて中身を出します。 今回カラメルソースの素は、食前に作ることにして、いったん置いておきます。力ツ代です。


a0006641_2305243.jpg プリン粉を大鍋にぶちこみます。

a0006641_2312434.jpg

a0006641_2314955.jpg 牛乳2リットルもぶちこんで混ぜます。ちょっと「ダマ」になってますが気にしないでください。せがれはホモじゃありませんからね!


a0006641_2323625.jpg 鍋を中火にかけ、よくかき混ぜます。 沸騰したら弱火にして1分ぐらいさらに加熱します。 沸騰すると泡がブクブクとあふれそうになるので注意!!


a0006641_234162.jpg 火を止めて、ボウルに移します。やけどに注意。力ツ代は若い男との火遊びにも注意♪


a0006641_2342281.jpg 今回ボウルの直径は25cmでした。


a0006641_2344989.jpg うまく「素」と牛乳が混ざらなくて、底で焦げ付かせてしまった力ツ代のバカバカバカ。(ひょっとするとうまく固まらないかも・・・)。


a0006641_2352675.jpg すこし余裕を見て、いっぱいにせずに、余りを中ぐらいのボウルにも。 ラップをしておいて粗熱を取ります。 通常(100ml型)ですと、このあと冷蔵庫で1時間ほど冷ませばできあがりですが、量が多いため冷めにくく、特に中心部はなかなか冷えずにずっとドロドロのままです。 ですので寒い玄関にでも一晩置いて、その後冷蔵庫に入れてさらに冷やして見る予定です。


 うまくいけば完成・試食は明日、今日はこれまで、また明日お楽しみに。力ツ代でした・・・ってケソタロウちゃん!まださわっちゃダメ、どろどろなのよ! え?どろどろぬるぬるの方が摩擦がなくなってスムーズになっていいですって・・・?


 (その2へ続く・・・)
[PR]
by iku-2002 | 2005-01-17 02:37 | Gourmet | Comments(2)
2004年 12月 07日
ケソタロウが食べたかった(*´Д`)
 みなさん、こんばんは、米斗王里研究家界の陸の王者、小木木力ツ代です。
 今日は力ツ代とせがれのケソタロウの「副業で小銭ウハウハー!ドンドンパフパフ」のコーナーです。 毎回繰り返しになりますけど、ケソタロウはホモじゃありませんからね、念のため。

a0006641_22334564.jpg


 カルビー「DCP(ドリームチップスプロジェクト)」シリーズ、 
 「小木木力ツ代が食べたかったチップス (アスパラベーコン味、 & ごまじゃこ味)」
 そして、「ケソタロウが食べたかった マッチョな男性 チップス (ハニー(;´Д`)ローストナッツ味、& クリームチーズ(;´Д`)チリソース味)」

 4種類絶賛発売中ですので、みなさん是非買って私たち親子の懐を暖めてくださいね!それでは股来週!!




(とりあえず、ごまじゃこ味食べてみたけど、正直そんなに・・・・アッサリ系かな)

#追記 ケソタロウのハニーローストナッツもチャレンジ。 まあまずくないんだけど(アメリカ系のお菓子に多い味)、甘い・・・ポテチとしては甘ったるいので、きつい・・・。 ケソが喰いたかったのって、こんなんか・・・)
[PR]
by iku-2002 | 2004-12-07 22:45 | Gourmet | Comments(2)
2004年 11月 07日
キャラメルムース
 こんばんわ、負けると出てくる米斗王里研究野郎Aチーム、小木木力ツ代です。 みなさん今まで気が付いていたかどうかわかりませんけど、「カツ代」じゃなくて「力ツ代」ですからね。 ちなみにくどいようですけど、息子のケソタロウはホモじゃありませんからね。

 今日はとっても簡単、お子様も大喜び「キャラメルムース」の作り方です。

a0006641_029175.jpg 材料です。 特別なものは何もありません。
・佐藤大、 いえ、ベタですみません、 砂糖 … 大さじ4杯
・お湯 … 1/2カップ
・生クリーム … 1カップ
・うしちち … 1/4カップ
・粉ゼラチン … 10g
・熱湯 … 1/4カップ
・コンデンスミルク … 大さじ2杯
(お湯は合計3/4カップですね。あらかじめ、沸かしておくと楽です。)



 まずカラメルソースを作ります。 鍋に砂糖をそのままぶち込んで加熱してください。
 火は強めの中火ぐらい。 ほっとくと勝手に溶けて茶色になってきます。ほっときすぎると純粋な炭素分子になって、後で洗い物に困るので気を付けてくださいね。

 かなり濃いカラメル色になったら、火を止めてお湯1/2カップを入れます。 入れた瞬間、熱々な水分がバッと跳ねるので、マゾな方は楽しんでくださいね。


a0006641_0304668.jpg ゼリーの素、粉ゼラチンを1/4カップの熱湯で溶かし、よーく混ぜて「ぬるぬる」の「ぺとぺと」の「ぬらぬら」で「どろどろ」の「ぐちゅぐちゅ」にします。

 息子のケソタロウちゃんが、「僕は普段は中島化学産業が世界に誇る「ペペ」シリーズを使ってるよ、ママ。 植物由来だから体にも安心!」ってなんだかよくわからないことを言ってますけど、ここで使うのは動物性のゼラチンですので皆さんは気を付けてくださいね。


a0006641_0293732.jpg ボウルに生クリーム、牛乳、最初に作ったカラメルを入れて混ぜます。
 ここでもケソタロウが「生クリームプレイもちょっとヌルヌルでいいね!」ってハァハァ言ってますけど無視して進めます。


 次に溶かしたゼラチンも加えて、混ぜてよくかき混ぜます。


 一番上がミルクと生クリーム、2番目がカラメルを入れたところ、3番目がゼラチンも入れて混ぜたところです。


a0006641_0311035.jpg 混ざったら適当な容器に、ザルや茶こしなどで漉しながら入れます。 皿でもタッパでもボウルでもなんでもかまいません。
 力ツ代はいい容器が無かったので、スポンジケーキ型に。 ラップをして2,3時間冷蔵庫で冷やしてください。 しつこいようですけど、ケソタロウちゃんはホモでもゲイでもバイでもないですからね!


a0006641_0314013.jpg 3時間後、冷蔵庫から取り出して完成です。


a0006641_0315529.jpg お好みでコンデンスミルクをかけてお召し上がりください。
 ケソタロウ「練乳プレイもぬるぬr…」

 初めて作ってみましたが、うまくいきました。 材料がどれも手に入れやすくて、簡単に出来るので楽ですよ。 味の方は、人によってコンデンスミルクが多すぎるとちょっと甘すぎるかもしれませんので無くてもいいです。 ホイップクリームとかでデコレーションしてもいいかもしれません。

 食感的にはそのまんまゼリーで、ちょっと「重く」なってしまいましたので、ゼラチンの量を加減するか、ミルク・クリーム・カラメルを混ぜる時に泡立て器でホイップしたほうがいいかもしれません。 「ムース」ですので、本来はそうなのかもしれませんが、もとのレシピにはただ「混ぜる」としか書いてありませんでした。 というか、元々のレシピはケソタロウのサイトからパクッったんですのよ、おほほほ力ツ代ったら。

 その元のレシピのサイトですけど、ケソタロウの野郎こっそり移転しやがりまして、最初レシピが見つからずに慌ててしまいましたの。 でもサルベージに成功したので書いておきますね。 The Rockin' Cookin' キャラメルムース(Internet Archive: Wayback Machine)
(新しいほうにも、ありましたわ。http://trc.cocolog-nifty.com/photos/recipe/1_29.html)

 そうそうケソタロウったら、いつの間にかブログまで始めてましたの。 直リンするとアレなんで、皆さん
「http://trc.cocolog-nifty.com/」 に行って見てあげてくださいね。
悶絶や葛藤をこの場を借りてお届けしたいと思います。
日々の素敵なことや美しいこと、歓喜や恍惚をお届けしたいと思います

 開始初日から「悶絶」や「恍惚」ですって、まあ!ケソタロウちゃんったら。



# こちらの方もケソタロウのレシピをぱくっt 参考にしてちょっとオリジナリティを出して作られたみたいですね。  ”キャラメル続き・・・”/週末やみやみぃな生活 さん
[PR]
by iku-2002 | 2004-11-07 00:32 | Gourmet | Comments(5)
2004年 09月 11日
マーマレード
 こんばんわ、米斗王里研究家の小木木力ツ代です。 息子の ケソタロウがホモっぽいってウワサですけど、あくまでウワサですよ。

 さて今日はおいしいマーマレードの作り方を紹介します。 必要な材料は、グレープフルーツ、夏みかんなどの柑橘類と、お砂糖だけです。

a0006641_21563937.jpg マーマレードやジャムを入れるビンは、長期間保存するなら、密閉型を。 あらかじめよく煮沸しておきましょう。 力ツ代です。

a0006641_2159825.jpg まず材料をタワシなどでよく洗い、表面のワックスを取ります。 材料の皮を4つに剥きます。 今回はグレープフルーツ2個(450gx2)、オレンジ2個(250gx2)、それと余っていたレモン1個です。 アメリカ産の柑橘類には「ポストハーベスト」といって、収穫後に防腐剤や防かび剤をつけていたりしますけど、今更そんなもの気にしたってとっくにみなさんは農薬や化学薬品漬けですから、2,3日寿命が減るくらい気にせずに安いのを選びましょう。 セガレはホモじゃありませんよ

a0006641_2204582.jpg スプーンなどで、皮の裏のワタを取ります。 ちなみのこのワタは植物性繊維の塊ですので、便秘がちな女性は是非食べてみてください。不味いです。

a0006641_2212253.jpg あいつの顔を思い浮かべながら思いっきり絞った果汁です。 多少小さな種が入っていても気にすることはありません。 種にもペクチンが含まれています。 遅くなりましたが、そもそもジャムやマーマレードは果皮や種に含まれるペクチンという成分と砂糖が熱で反応してゼリー状になるのを利用した食品です。 化学式はCHO + H2 + CO3N3 + N2SHO2 + SiB です。 うそです。 力ツ代です。


a0006641_2224733.jpg 細かく刻んだ皮をお湯で茹でたり、 

a0006641_2232219.jpg 塩でもんだり、冷水に晒したり、を複数回繰り返して、余計な苦みやアクを取り除きます。 果汁の方には、市販の100%オレンジジュースをちょっと追加しました。リキュールなどで香り付けをされる方もいらっしゃるようです。 今回はウイスキーを少々足してみました。

a0006641_224408.jpg 搾りカスです。 植物繊維の塊ですから女性の方は以下略。 ケソタロウはホモじゃありませんよ!


a0006641_2252767.jpg 果汁と皮を足して、鍋へ。ファイアァッ!! 力ツ代です。

a0006641_2281996.jpg お砂糖は、使用した果実の重さに対して5割から10割。けっこう使いますね。 お好みで加減してください。 今回はヨーグルトに付いてくるオマケの砂糖を冬に備えてかなり蓄えていたものを全部利用しました。アリです。いえ、力ツ代です。

a0006641_2255175.jpg 最初のうちはけっこうアクが出てくるので、こまめにアク取りを。 砂糖は様子を見ながら3回ぐらいに分けてすこしずつ足していきます。

a0006641_2264937.jpg 途中よそ見をして宇宙の彼方に意識が飛んだりすると、うっかり吹きこぼれるので火加減に注意を。 弱火でじっくりやった方が慌てなくていいでしょう。 今回は力ツ代ったら2回もやっちゃいました。


a0006641_2272099.jpg とろみが出てきたら火を止めます。 スプーンなどで液をたらして様子を見ます。 実際に食べるぐらいのゼリー状になったら手遅れです。 あとで冷えると固まるので、ユルいぐらいに。ケソタロウの月工門ぐらいのユルさで。 あらやだ!力ツ代ったら! ケソタロウはホモじゃありませんからね!


a0006641_2274994.jpg 素早く煮沸中のビンを出して、マーマレードを入れます。ヤケドに注意。 力ツ代も昔はよく大人の火遊びをして大やけどしたものだわ・・・ジョニーは元気かしら・・・あらやだ!力ツ代ったら。
 ジョウゴがあると楽です。 ビンにいれたらフタをして密封、そして熱いうちにビンを逆さまにしてしばらく置き、ビンの上部やフタの裏側を殺菌するんですけど、今回パッキンがゆるめでこぼれちゃいました、テヘ、小木木力ツ代です。 新しい密閉ビンなら問題ないでしょう。


 ビンに入れたら熱々のうちに窓辺に持って行き、窓を開け、通行人のオヤジに向かって思いっきり熱いマーマレードをぶちまけたら 完成です。

 小木木力ツ代のおいしいマーマレード、みなさんもお試しあれ! せがれはホモじゃありませんよ。 ではまた来週。
[PR]
by iku-2002 | 2004-09-11 22:07 | Gourmet | Comments(11)