「ほっ」と。キャンペーン
タグ:Anime ( 13 ) タグの人気記事
2009年 09月 03日
ガンプラーメン
a0006641_203746.jpg


 コンビニのレジ向かいに置いてあって目に入り、つい買ってしまった・・・

 ミニガンプラ付きカップヌードル。緑ザク、シャアザク、ガンダム、ドムの4種類らしい
[PR]
by iku-2002 | 2009-09-03 20:37 | Gourmet | Comments(0)
2007年 12月 27日
特別版とは違うのだよ、特別版とは
a0006641_02127100.jpg


a0006641_0214321.jpg



 ガンダム、キター!

 音声も映画オリジナルで、「哀・戦士」もジャブローのところでかかるはず。

 特に頑張らなかった自分へのご褒美2。
[PR]
by iku-2002 | 2007-12-27 00:21 | Cinema | Comments(0)
2007年 10月 05日
「ヱヴァンゲリオン 新劇場版 : 序」
EVANGELION.CO.JP ヱヴァンゲリオン公式

総監督・原作・脚本 : 庵野秀明
監督 : 摩砂雪 、 鶴巻和哉

声 : 緒方恵美、 林原めぐみ、 三石琴乃、 立木文彦、 山口由里子、 関智一、 清川元夢

 感想は特に無い、というか、あんまり前と変わってない感じがしたし。特に前半部。
 ちょっとずつ変えて行くみたいだけど、来年、再来年と待って全部いちいち見ないといけないのがなあ。 でもまた、これで大儲けするんだろうね。 分けることで単純に3作か4作分の売り上げだからねえ。
 でも話はこれ、まったく前のエヴァシリーズを知らない人にはいきなりすぎて、なんだかわからんだろうな。知ってる人にもわからんけど。
 けっこう若いカップルとか女性同士が多く見に来てたのが以外だった。 電車男のときみたく、ウタダの歌を聴きに来てるのかも。
 最後、次回予告がTVシリーズと同じパターンだったのがチョット笑った。
[PR]
by iku-2002 | 2007-10-05 01:22 | Cinema | Comments(0)
2007年 08月 06日
「時をかける少女」(2006)
「時をかける少女」公式サイト /角川書店

監督: 細田守
声の出演: 仲里依紗、 石田卓也、 板倉光隆、 原沙知絵、 谷村美月、 垣内彩未

 主人公らの言葉遣いとか行動とか、話の表現方法とかもかなり「現代的」に感じた。アニメにすることで誇張的な表現とか、ちょっとした笑いをとるシーンとかもあって、どうしても80年代の大林監督&原田知世主演の実写作品と比較してしまう(あれは当時でも古臭い表現が多かったけど)。
 ネット評価がすごく高いみたいだけど、自分はそこまでは来なかった。 あと「未来人」の説明とかもちょっとわかりにくかったのもあったかも。
 芳山和子さんは、薬学の道じゃなくて、美術館の学会員になってるのね。 芳山が主人公に「それはタイムリープといって・・」と説明するんだけど、主人公があまり驚いたりせず、あっさりと受け入れてしまうのはやや違和感。
[PR]
by iku-2002 | 2007-08-06 02:44 | Cinema | Comments(0)
2007年 08月 05日
「ゲド戦記」
「ゲド戦記」公式サイト /スタジオジブリ

監督: 宮崎吾朗
声の出演: 岡田准一、 手嶌葵、 菅原文太、 田中裕子、 香川照之、 風吹ジュン

 背景美術(セル動画じゃないバックの部分)が素晴らしく、きれいだった。 あと音楽もけっこうよかった。
 セルの動画なんだけど、キャラの顔とかが普通の表情のときはいいけど、怒ったときとか激しい感情のときの顔の線とかがジブリ映画なのに崩れているようなのはなんで? クライマックスの黒い妖怪がやられるところとかも、線や表現方法とかもひどかった。

 プロデューサって厚顔無恥でいられてうらやましい。
[PR]
by iku-2002 | 2007-08-05 02:17 | Cinema | Comments(0)
2005年 06月 29日
機動戦士 Zガンダム 星を継ぐ者
「機動戦士 Zガンダム」公式サイト

スタッフ: 原作・脚本・絵コンテ・総監督/富野由悠季
キャスト(声): 池田秀一、飛田展男、古谷 徹

 TV版の劇場用再編集版というより「ダイジェスト版」、「名場面集」になってて、ストーリーが飛び飛びで、サブキャラの名前とか、人物関係や話の繋がりとかが、序盤さっぱりわからない。 予備知識のない全く初めてZを見る人には、もうナニがなんだか、であろう、というぐらいひどい。

 キャラ設定の人がなんだか新しくなったらしく、古いTV版の絵と新しく作画した絵で顔が変わっちゃってる。 古いフィルム部分は汚いし。 それはまあ仕方ないと言えば仕方ないけども、バンダイ金あるんだし(?)、ガンダム命なんだからちゃんと金出して、全編新作画にすればいいのに。

 この3部作?のPart1の山場はやはり、過去のキャラクターたち、シャアやアムロやカイらが再会するところだと思うんだけども、「ダイジェスト」で飛び飛びになっていて各キャラが深く描かれていないので、せっかくの再会も盛り上がらない。 新キャラたちも、新主人公のカミーユとかも「なんですぐ切れてんの、こいつ?」って感じだし、レコアだかエマにあこがれているらしいところも突然そういうシーンが出てきて不自然だった。
 カミーユを目の敵にするジェリドが、やたらいろんなところで、いろんな人に何度も殴られてるのが笑った。
 フラウ・ボウ役の声、鵜飼るみこさんだっけ?が、年を重ねてすっかり「フラウ・コバヤシ」になってる感じがすばらしかった。
[PR]
by iku-2002 | 2005-06-29 00:29 | Cinema | Comments(0)
2004年 08月 29日
スチームボーイ
「スチームボーイ」公式サイト

製作: STEAMBOY製作委員会
制作: サンライズ
原案・脚本・監督: 大友克洋
脚本: 村井さだゆき
総作画監督: 外丸達也   エフェクト作画監督: 橋本敬史
美術監督: 木村真二   CGI監督: 安藤裕章   演出: 高木真司
テクニカルディレクター: 松見真一   デジタルコンポジット: 佐藤光洋
編集: 瀬山武司   音楽: スティーブ・ジャブロンスキー   音響監督: 百瀬慶一

キャスト
レイ: 鈴木 杏
スカーレット: 小西真奈美
ロイド: 中村嘉葎雄
エディ: 津嘉山正種
ロバート: 児玉 清
デイビッド: 沢村一樹
サイモン: 斉藤 暁
アルフレッド: 寺島 進

 大友克洋作品ということで期待していったけども正直ややがっかりしました。 最近の宮崎アニメのように、ここでも声優に俳優をいっぱい使っているわけですけども、それが良くない。 しかもベテランの中村嘉葎雄、児玉清。 特に中村嘉葎雄は滑舌が悪く、何をしゃべっているのかさっぱりわかりません。 超ベテラン俳優なだけに、恐れ多くてダメダシ出来なかったのでしょうか?
 逆に若く声優経験は少ないであろう鈴木杏と小西真奈美タンのほうがうまく自然で、鈴木杏は声が低くうまく少年の声を出せていましたし、小西真奈美タンはお嬢様っぽさが出ていました。

 逆によかったのは、背景画(美術)。とてもきれいでイングランドの田舎の町並みとか素晴らしかったです(それに対して動く方のセル(CGなのかな?)は、ちょっと絵から浮いてしまったかも)。 CGの方はうまくとけ込んでいて良かったと思います。ちょっと使い過ぎなような気もしますが。

 内容の方は、主人公レイが”蒸気玉”にパーツをつけて空を飛び回るシーンがあるんですけど、あまりこうハラハラしないというか、飛んでる感じがしないんですよね。 空を飛ぶシーンにかけては宮崎アニメの「得意技」のほうが飛行感・浮遊感が出てると思います。 もしかして大友克洋って自分のマンガ(止まっている絵)で動いているようなダイナミックなのは描けるけど、実際に動かすとそれほど迫力がなくなっちゃうのかな?

 それからストーリーの方は一応最後にチャンチャン、と終わるんですけど、ちょっと物足りないような。 前半機関車と飛行船のシーンや誘拐される当たりまでは全体的に良かったけど。
 エンディングのスタッフロールの背景で、後日談的な内容が続いていて、ほんとはもっと続くお話なのを間に合わなかったのか、あるいは製作に切らされたので作った部分だけ入れてみた、って感じでしたが本当はどうなのでしょうか? それとも続編を作っているのでしょうか? 気になりました。 潜水艦で逃げたのは改造人間の親父の方でしょうか?じーさんは死んだのでしょうか?

「スチームボーイ」スタッフ公式ブログ
[PR]
by iku-2002 | 2004-08-29 00:10 | Cinema | Comments(0)
2004年 08月 20日
シュレック2、 シュレック
「シュレック2」 日本語公式サイト


2004年 アメリカ
監督: アンドリュー・アダムソン、 ケリー・アズベリー、 コンラッド・ヴァーノン
製作総指揮: ジェフリー・カッツェンバーグ
原作: ウィリアム・スタイグ
脚本: J・デヴィッド・ステム、 ジョー・スティルマン、 デヴィッド・N・ワイス、 アンドリュー・アダムソン
音楽: ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
出演: マイク・マイヤーズ 、エディ・マーフィ 、キャメロン・ディアス 、アントニオ・バンデラス 、ジュリー・アンドリュース


さいこーw
 馬鹿な子供も単純に楽しめるけど、本来大人が楽しめる映画です。 シュレック1は、ディズニーへの皮肉があふれていましたが、2はいろんな映画やハリウッドのパロディが詰まっています。 アントニオ・バンデラス(吹き替え版は竹中直人)の長靴を履いた猫がいいキャラなんですが、もっと暴れさせたり、しゃべるロバ(エディ・マーフィ)とのケンカやコンビ芸をやったりしたらよかったかも。

 1を見てない人は、いちおう続きなので見ておいた方がいいかも。 久々ということでビデオ屋で1を借りてきましたが、夏休み&2公開のせいかDVD版はなく、ビデオ版しかなかったんですが、公開時とちょっと違うところがありました。 ちび王様の城の前に「ただいまXX時間待ち」ってプラカードのシーンが削られてるかも。 あと最後におまけとしてカラオケシーンが追加されてました。DVDと同じなのかは不明。
[PR]
by iku-2002 | 2004-08-20 03:21 | Cinema | Comments(0)
2004年 06月 27日
マッハGoGoGo映画化??
「マッハGoGoGo」映画化、ビンス・ボーン案で再スタート/ロイター
a0006641_212856.jpg

 ここ数年?日米問わず、過去の有名作品やアニメ、マンガのリメイクや実写化が目立ちますね。 今年もスパイダーマン2やサンダーバード(フォードのペネロープ号なんて認めん・・・)、日本でもキューティーハニー、デビルマン、鉄人28号、そしてキャシャーン(笑、。 TVドラマでもそうだけど、オリジナルネタ切れなんでしょうか?

 マッハGoGoGoをはじめとして日本のアニメが海外でけっこう人気が出たりしてるけど、海外で映画化されるのはちょっとくやしいですね。 でも主人公のまわり以外はインターナショナルな雰囲気の設定だったから、いいのかな。 国際レースが舞台だし、日本で作って大失敗するよりかはマシ?。
 そういえばタツノコアニメってみんなインターナショナルな雰囲気ですね。 未来世界とかがまあ舞台なんだけど、日本人名の主要キャラでも日本臭さがなかった。 他のアニメはみんな悪者が何故か日本だけを攻めてくる。

 でマッハGoGoGoですけど、8つの秘密兵器とか、シマシマ帽子のチンパンジーとか出てくるのかなー?



「マッハGoGoGo」実写化、監督はウォシャウスキー兄弟に 2006/11/02 /Allcinema online
 ジョエル・シルヴァーにより進められている日本製TVアニメ「マッハGoGoGo」の実写映画化で、監督・脚本に「マトリックス」シリーズのラリー・ウォシャウスキー&アンディ・ウォシャウスキー兄弟の起用が決定した模様。来年夏に撮影を開始、2008年夏の公開を目指す。


キアヌ・リーヴス、「マッハGoGoGo」実写版で再びウォシャウスキー兄弟とコンビを組む? 2006/12/28 /Cinema Today
 インターネットサイトAin't It Cool Newsによると、キアヌ・リーヴスが日本アニメ「マッハGoGoGo」の実写映画版に出演するかもしれないそうだ。アメリカでは「スピード・レーサー」(原題)というタイトルで知られる人気アニメで、映画版はリーヴスと『マトリックス』シリーズでコンビを組んだラリー&アンディ・ウォシャウスキー兄弟がメガホンを取る。同アニメは、少年レーサーが秘密装置を装備するマッハ号に乗って世界中のレースで活躍するカーアクションで、リーヴスがどの役にふんするかは明らかにされていない。


真田広之次作はマトリックス監督映画 /スポニチ
 俳優の真田広之(46)が米映画「スピード・レーサー」(08年夏日本公開)に出演することになった。人気アニメ「マッハGoGoGo」の実写版で、監督は「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟。真田は31日、ドイツ・ベルリンで行われた製作発表に主演のエミール・ハーシュ(22)らと出席し「私は“マッハGoGoGo”世代。素晴らしい日本のアニメ、文化を海外に紹介できるのはとても光栄」と瞳を輝かせた。レース業界を牛耳ろうとする謎のビジネスマンを演じる。
[ 2007年06月02日付 紙面記事 ]

[PR]
by iku-2002 | 2004-06-27 21:30 | Cinema | Comments(2)
2004年 06月 05日
キューティーハニー♪
キューティーハニー公式サイト
別アニメバージョン? 「Re:キューティーハニー」公式サイト

監督: 庵野秀明
製作: 加賀義二、 加藤鉄也
原作: 永井豪
脚本: 高橋留美、 庵野秀明
音楽監督: 遠藤幹雄   VFXスーパーバイザー: 佐藤敦紀、 道木伸隆
キャラクターデザイン: 寺田克也、 出渕裕、 すぎむらしんいち、 安野モヨコ、 貞本義行
 
出演: 佐藤江梨子、 市川実日子、 村上淳
    及川光博、 小日向しえ、 片桐はいり、 新谷真弓、 手塚とおる、 篠井英介
    松尾スズキ、 嶋田久作、 松田龍平
    京本政樹、 吉田日出子


 ちゅくちゅくされてきたわけですが、(笑。
 んーーーー・・・期待してたほど面白くなかった・・・というかショボかった・・・。 (一緒に行った友達はけっこう笑ってたんで人によって受け方は違うのかな? 客は全部で10人いなかったがw。)
 予算的な都合もあるんだろうけど、キャシャーンが低予算ながらいいスタッフをあつめてがんばった(のを監督が壊したw)に比べて、なんか物足りなかったなあ。
 お金が無いので「アニメ的」な動かし方や撮影テクニックを使ってみたんだけど、自分にはかえってそれが安いアニメを見てる感じで「金払って映画見に来た!」っていう期待を裏切られた感じなのかなあ。 
 ストーリーとか背後設定も無理矢理押し込めた感じだし。あっと驚く大どんでん返しみたいなのは特に無い。
 多少クオリティを落として毎週毎週TVでこれやってくれたら、すごい面白いかも知れない。 そうすればキャラクターとかを掘り下げたりする時間もできるだろうし。

 あとねー、全体的にサトエリのPVというか・・・アイドルDVD的な感じ、とか、「高校生の時に映画クラブで撮ったアマチュア映画」的な青臭さみたいな感じがしてはずかしい・・・それはそれでいいんだけど、自分一人じゃなくて沢山の他人と一緒に見るのが恥ずかしい・・・。 サトエリ、スタイルいいし下着姿!!とかあってかわいいんだけどね。市川実日子も。 

 ”特撮”でハチャメチャにするならするで、もっとはじけてブッ飛んでもよかったんじゃないかなー。 そのあたりも中途半端な気がした。
 悪の謎の組織「パンサークロー」もそんなに暗躍せず(w、なにより「美しさ」が足りない。 その中ですごく良かったのは、ミッチーw。もう「素」なんだけど、最高w。 あとは悪の女王の執事役の手塚とおるかな。 それと、せっかく京本正樹も出てるのに、友情出演らしく、数シーンだけで全然動かないのが残念!。

 あとやっぱりねー、期待の全裸変身シーンwが無いのが・・・・_| ̄|O。 これはR-15指定とかじゃないのかな? 子供連れとかでも大丈夫な万人向けなのかも。

 それから、まあ原作設定でもハニーは”父親”如月博士製作なわけだけど、庵野は父親に対して何かコンプレックスとかあるのか?w


# 上映前のCMで同じく永井豪原作のデビルマンの予告がかかるんだけど、こっちはもっとやばそう・・・。 ストーリーは原作に忠実にやりそうなんだけど、CGの戦闘シーンが、「CG」というより「テレビゲーム」な感じ。 主役もなんか知らん若いのだし、大丈夫かなあ。
[PR]
by iku-2002 | 2004-06-05 23:57 | Cinema | Comments(2)