カテゴリ:Cinema( 121 )
2009年 06月 06日
「ラフマニノフ ある愛の調べ」
「ラフマニノフ ある愛の調べ」 日本語公式サイト

監督: パーヴェル・ルンギン
出演: エヴゲニー・ツィガノフ、 ヴィクトリア・トルストガノヴァ、 ヴィクトリヤ・イサコヴァ、 ミリアム・セホン

 中盤で「天才ゆえの孤独、苦悩」というの描いてるんだろうけども、主人公のラフマニノフがなんでイライラしたり身勝手な行動を取ったりするのかが、理由とかが今ひとつわかりづらかった。
[PR]
by iku-2002 | 2009-06-06 02:19 | Cinema | Comments(0)
2009年 06月 06日
「ミスト The Mist」
「ミスト」公式サイト

監督: フランク・ダラボン
原作: スティーヴン・キング
脚本: フランク・ダラボン
出演: トーマス・ジェーン、 マーシャ・ゲイ・ハーデン、 ローリー・ホールデン

 原作がキングだとか、監督がショーシャンクの人だとか知らずに、まったく予備知識無しに「霧の中から怪獣が襲ってくるよ的ドキドキB級モンスターパニック」だと思い込んで映画館入って、やられた・・・。
 見てる途中まで、「あー、モンスターが巣作ったりしてエイリアンみたい」とか「お約束どおりの死亡フラッグ満載だなー」とかのんきに構えて見てた・・・。
 それが中盤になって、カルト宗教クソババアが目立ち始めてから、ただのB級パニックからちょっとずつ雰囲気が離れていって、だんだん胸が重苦しく、むかついて嫌ーな気分に。
 このクソバババどっかで見たなーと思ったら、イーストウッドのミスティック・リバーに出てきた、ショーン・ペンのクソ嫁だった・・・、どうりでムカつくわけだわ!!

 一番最後のシーンは、米軍が通常兵器で「霧」を追い払うのに成功している、っていう(町全体的には)ハッピーな解釈でいいのかな?
[PR]
by iku-2002 | 2009-06-06 00:55 | Cinema | Comments(0)
2009年 06月 03日
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」公式サイト

監督: マイク・ニコルズ
製作: トム・ハンクス、 ゲイリー・ゴーツマン
出演: トム・ハンクス、 ジュリア・ロバーツ、 フィリップ・シーモア・ホフマン

 けっこう面白かった。 
 最後、ハッピーエンド的に終わるように見えるんだけども、ダークな感じを暗示させていた。
 あと、きれいなおねーちゃんばっかりのオフィスはうらやましい。
[PR]
by iku-2002 | 2009-06-03 00:15 | Cinema | Comments(0)
2009年 06月 02日
「紀元1万年」
「紀元1万年」公式サイト

監督: ローランド・エメリッヒ
出演者: スティーブン・ストレイト、 カミーラ・ベル、 クリフ・カーティス

 ID4ぐらいはよかったけど、これとか、NYが氷河期になるやつ「デイアフターなんとか」とかのエメリッヒの荒唐無稽なのはちょっと受け入れられない。もう少しうまい嘘ついてほしい。
 メル・ギブソンの「アポカリプト」のぱくりっぽかった。
 後半、エジプト帝国っぽいところに来るから、てっきり「スターゲイト」に繋がるのかと思ったけど、そうじゃなくてがっかり(?)。
[PR]
by iku-2002 | 2009-06-02 23:56 | Cinema | Comments(0)
2009年 06月 02日
「アース」
映画「アース」日本語公式サイト

監督: アラステア・フォザーギル、マーク・リンフィールド
音楽 ジョージ・フェントン、ベルリン・フィルハーモニー(演奏)

 映像とかきれいなんけど、ちょっと偏っているというか、人間の出す二酸化炭素が地球温暖化を招いてる、って決め付けてストーリーを作ってあるのがちょっと鼻についた。
[PR]
by iku-2002 | 2009-06-02 22:56 | Cinema | Comments(0)
2008年 03月 07日
「俺たちフィギュアスケーター」
これは、ひ・ど・いwww

「俺たちフィギュアスケーター」日本語公式サイト

原題: 「Blades of Glory」
監督: ウィル・スペック、 ジョシュ・ゴードン
出演者:ウィル・フェレル、 ジョン・ヘダー

 見る前は、ディズニーあたりが作る、ファミリーで「オホホホ」と楽しめるスポーツコメディなのかと見てみたら、全然違っててすごくお下品でお馬鹿で、非常に笑える映画だった。 これ年齢制限ないのかw?
 「オースチンパワーズ」シリーズとか「裸のガンを持つ男」とか好きならきっと楽しめるはず。フィギュアに詳しいと現役や過去の名選手がけっこう出演しているので、それも楽しめる。 あんまり話題になってないのは上映館が少なかったんだね。
 ストーカーの「おまえを殺す」が最高。あと、大会マスコット達がかわいそうw。
[PR]
by iku-2002 | 2008-03-07 01:49 | Cinema | Comments(1)
2008年 03月 06日
「エリザベス」 / 「エリザベス:ゴールデンエイジ」
「エリザベス:ゴールデンエイジ」日本語公式サイト

 Part2のゴールデンエイジを見る前に、ビデオでPart1を確認。
 女王になる前、それどころか幽閉される前の若々しい恋する少女、だったのが、女王になってだんだん貫禄が出てくる変化の様とか、あと意外としっかり演技してる”KING”カントナとか。

 ゴールデン、のほうは、女王になってからのスペインとの戦いとか自分の結婚問題とか暗殺者とか、いろいろあった激動の人生を描いてるはずなんだけど、なんか「激動」は感じられず散漫な印象。 途中からパイレーツオブカリビアンになっちゃうし・・・。

 あと、1も2も多少歴史的事実をいじってるらしい。
[PR]
by iku-2002 | 2008-03-06 01:47 | Cinema | Comments(0)
2008年 02月 04日
「スウィーニー・トッド」
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 日本語公式サイト


監督: ティム・バートン
キャスト: ジョニー・デップ、 ヘレナ・ボナム=カーター、 アラン・リックマン、
 ティモシー・スポール、 サシャ・バロン・コーエン、 エドワード・サンダース、
 ジェイミー・キャンベル・バウアー、 ローラ・ミシェル・ケリー、 ジェイン・ワイズナー

 ブラックなコメディとしてとらえればよかったのかな?楽しみ方がよくわからんかった。ただ意外とグロいなあ。

 子役の子はすごい歌がうまかった。でも最後はちょっと残酷でかわいそう。 「ダイ・ハード」でナカトミビルから落とされたはずの悪徳判事も渋い低音でうまかった。 パイ屋の夫人のヘレナ・ボナム=カーターは吹き替えっぽく感じた。

 昔の奥さん役と大きくなった娘さん役の人たちはきれいだった。 最後のネタバレのだけど、浮浪者はやはりそうだったか、とわかってしまった。
[PR]
by iku-2002 | 2008-02-04 00:40 | Cinema | Comments(0)
2008年 01月 21日
エイリアンズ VS. プレデター
「AVP2 エイリアンズ VS. プレデター」 日本語公式サイト

監督: コリン・ストラウス、 グレッグ・ストラウス
出演: スティーヴン・パスカル、 レイコ・エイルスワース、 ジョン・オーティス、 ジョニー・ルイス、 アリエル・ゲイド


 前作のAVP1のほうが、いいB級でおもしろかった。
 なんか、町中でのパニックものにしようとして、エイリアンらしさとか、プレデターらしさとかが消えてた。 別のモンスターでもいいやん。 戦闘アクションで、"漢"プレデターのタイマンものじゃないと(最後だけだった)。
 新種も全然強そうじゃないし。 登場人物の町民も多すぎるし、パニックになったときの行動とかもよくわからん。
[PR]
by iku-2002 | 2008-01-21 20:28 | Cinema | Comments(0)
2008年 01月 06日
「サラエボの花」
「サラエボの花」 日本語公式サイト
GRBAVICA Official

監督・脚本: ヤスミラ・ジュバニッチ
出演: ミリャナ・カラノヴィッチ、 ルナ・ミヨヴィッチ、 レオン・ルチェフ

 淡々としてるというか、わかりやすい大きな山場がなくて、むーちょっとどうなっちゃうのかなーと思ったら、最後に向けてじわじわとやってこさせる作戦みたいだった。 普通の母子家庭親子モノ、みたいな感じで進んで行ってはっきりしたモノをなかなか見せずに、最後に実は・・・。 娘が「遠足のために○○証明書を探してね(父の戦死証明みたいなものかな)」って何度も言うなあと思ってたが。
 ただなんとなく、展開がつっかえるようなところとか、理解しずらいところとかはあった。 セラピーで皆泣いたり深刻な暗い顔してる場所でキチガイのように笑い続ける女とか、意味わからん。

 一般市民の生活レベルは低いながら、10年以上がたって街は平和になったんだけど、いまだに(というか戦後だからか?)マフィア風なのがはびこっていたり、拳銃が簡単に手に入るような状況に心がヒンヤリしてしまう。 最悪のシーンはなかったけど、ローティーンが興味半分で拳銃をもてあそぶシーンでギクっとしてしまう。 ハリウッド映画だと銃が写ってもそれほど感じないけど。


 岩波ホールは意外とスクリーンやステージ、会場が広かったけど、実際にフィルムが写った範囲がその割に小さくてびっくりした(笑)。見始めたら、気にならなくなったけど。
 会場外には、たしか戦争被害女性への募金のお願いとかがあった。
a0006641_8311095.jpg この映画へのオシムのメッセージも貼ってあったけど、撮影禁止って書いてあった。

[PR]
by iku-2002 | 2008-01-06 02:43 | Cinema | Comments(0)