2007年 04月 20日
禁煙3年7ヶ月
禁煙時間 3年 7月17日20時間 0分
吸わなかった煙草 23865本
浮いたタバコ代 334110円
延びた寿命  91日 3時間37分



ADHD発症児の母、喫煙率一般の2倍 /読売
 落ち着きがないなどの症状が表れるADHD(注意欠陥・多動性障害)の子どもの場合、母親の喫煙率が同年代の女性の2倍程度高いことが、大阪府の小児科医の調査でわかった。

 母親の喫煙とADHD発症との関係を示す研究は、これまで海外ではあるが、日本では初めてという。

 ADHDは、生まれつきの脳の機能異常による発達障害とされ、集中力がない、衝動的な行動をするなどが特徴。治療経験の豊富な大阪府寝屋川市の小児科医院の安原昭博院長が、小児患者の母親167人に喫煙歴などをアンケートした。

 その結果、喫煙経験は47%にあり、妊娠時にも35%が喫煙していた。特に出産時の年齢が20~24歳の母親では、喫煙率が88%にのぼった。

 一般の出生児を対象にした厚生労働省調査では、母親の喫煙率は17%、うち20~24歳は35%で、ADHD児の母親は2倍程度高い。安原院長は「ADHDには遺伝的要因もあるが、母親の喫煙も関係があると考えられる。妊娠が分かってから禁煙したのでは遅い可能性がある」と話す。京都市で21日開かれる子どもの防煙研究会で発表する。

 
(2007年4月20日14時44分 読売新聞)

[PR]
by iku-2002 | 2007-04-20 17:04 | Health | Comments(0)


<< GoogleMapで探す小瀬ス...      U-22 北京五輪代表二次予選... >>