2007年 02月 02日
フットボールの英語 Total Book
book cover imageCD BOOK フットボールの英語 Total Book /ベレ出版
 カール・R・トゥーヒグ:著
 
サッカーファンによるサッカーファンのためのイギリス英語学習本です(イギリス英語なのでフットボールですが)。トピックはすべてフットボールに関すること!パブでの会話、チームの応援歌、名実況、試合中の野次…などなど、サッカーファンなら言ってみたい・知っておきたい内容満載!コアなサッカーファンでなくても、この夏はイギリスに行ってみよう!という方にも是非。


 ありきたりなサッカー用語の英訳、とかだけでなく、実際に選手の名言・迷言、サポーターがパブやスタンドで使いそうな言葉や、実況解説、新聞記者が使ったような具体的な文章例が非常に豊富に記載されている。
 サポーターのチャントやコール、使っちゃいけない4文字ワードとかまで。
 CDもついていて、イギリス英語の発音も聞けます。
 巻末には、サッカー用語の豊富な日英伊西葡(伯)独の対応表。


 ところで、この出版社は社内で犬を飼っていて、それをHPに載せてる・・・。 >>波平さん





book cover imageフットボールと英語のはなし Saturday in the Park /三省堂
東本貢司:著

 サッカーの英語についての話。おわり

 なんか「おれは英語ぺらぺらだぞ、パブリックスクール出だぞ」臭がぷんぷんする。
 32ページで、
2001年、ブラジルのカンピオナスからヴィツェンツァに”偽造パスポート”で移籍した、デデ・レオーニというプレーヤーのケースに関して、カンピオナスの現会長、元ブラジル代表のエースで、Jリーグの柏レイソルでもプレーしたアントニオ・カレッカはこう述べている。

アントニオ・カレッカって誰だよ。 カレッカはカレッカだよ。 「ジーコ・コインブラ監督」とか「ペレ・ナシメント選手」とか言わねーだろ。 「発音が、翻訳がおかしい」とか「イギリスではそんなことは言わない」とか書くんなら、葡(伯)語文化もちゃんと扱うべきでは?


[PR]
by iku-2002 | 2007-02-02 00:47 | Book/Comic | Comments(0)


<< マルシオ?アラウージョ? / ...      最近買ったサッカー系?のCD >>